Japan

  • Dentist accused of raping woman in hospital arrested in second case

    HIROSHIMA (TR) – A dentist in custody over the alleged rape of a woman has been further accused in a…

    Read More »
  • New dining out initiative enrols the Evangelion cast, stars themed dishes and merchandise

    Get in the restaurant, Shinji, or Rei will be forced to eat your portion. Neon Genesis Evangelion is one of…

    Read More »
  • 「Ubuntu Desktop 20.04」が快適に実行–「Odyssey」を見る

     先日、Seeedの「Odyssey」シングルボードコンピューターと「re_computer」ケースをレビュー用に受け取った。これらのタイプのコンピューターは非常に幅広い用途に対応できるため、IT分野で極めて大きな価値を持つものだと、常々感じている。  デスクトップやキオスクとして使ってもいい。モノのインターネット(Internet of Things:IoT)はどうか。もちろん問題ない。  複数台を組み合わせて、小規模なコンテナー環境を構築するのもいいだろう。超小型フォームファクターのコンピューターが必要となるあらゆる場面に、ソリューションはある。  「Raspberry Pi」はシングルボードコンピューターの定番製品だ。Seeedから連絡を受けたとき、最初は「Raspberry Piではないのか」と思ったが、筆者はこれまでずっとマイナーな製品を支持してきたのだから、Odysseyも試してみるべきだと考えた。  筆者がSeeedのシングルボードコンピューターに感銘を受けたのは、何ら驚くことではないだろう。というのも、このサイズの印象的な製品を作るのは、さほど難しくはないからだ。  あまり搭載するものはなく、十分なシステムリソースさえあれば、正常に機能するデスクトップやサーバーを誰でも簡単に展開することができる。  全体的に見ると、これまでで最も楽しい体験ではなかったが、最終的には、正常に機能し、「Ubuntu Desktop 20.04」を快適に実行できるシステムが完成した。先に進む前に、送られてきたユニットのスペックを紹介しておこう。 Seeed Odysseyのスペック CPU:「Intel Celeron J4105」、1.5〜2.5GHz 「Arduino」マイクロコントローラー:「Microchip ATSAMD21G18…

    Read More »
  • Japan’s Takeda seeks government approval for Moderna COVID-19 vaccine

    Takeda Pharmaceutical Co. asked regulators Friday to approve the use of Moderna Inc.’s COVID-19 vaccine, which would allow it to…

    Read More »
  • Gunma: 2 yakuza shot in fight in Isesaki

    GUNMA (TR) – Two members of a criminal syndicate were shot during a fight in Isesaki City on Thursday, police…

    Read More »
  • Getting divorced in the new Story of Seasons video game means you have to kill your kids

    No need for custody hearings in Olive Town, apparently. Fans of Story of Seasons got a treat last week when…

    Read More »
  • なぜ、サブスクか?–「モノを買って与えたら終わり」ではないということ

     本連載で、最も重要なキーワードと言っても過言ではない「アップデート」。“As a Service”においてアップデートが重要であり、なくてはならない存在であると、折に触れて解説してきました。だからこそ、サブスクリプションという契約形態が最適なのです。もし、サブスクリプションにAs a Serviceとしてのアップデートという要素がなくなればどうなるでしょうか。リリースされたその日からすごいスピードで進む陳腐化が当たり前のIT世界では、月額で費用を払い続ければ続けるほど価値と価格が合わなくなってしまいます。  さて、今回はこの重要なキーワードである「アップデート」にまつわるお話です。これを選んだのは、新型コロナウイルス感染症対策として厚生労働省が提供している接触確認アプリ「COCOA」で不具合が何カ月も対処されずにいたというニュースを耳にしたからです。  もちろん、「バグを出したことがけしからん」などと毛頭言うつもりはありません。バグは、バグで仕方がなく、出るものです。それはそれでいいのですが、何を驚いたのかといえば、この問題についての記者会見で、「これまではお金を出して終わりだったが、これ(アプリ)は常に関与し続けないといけない。永久に完成しないものに国は今まで付き合ったことがない」と、アプリのアップデートという“発注”に国が不慣れだったという事実が分かったことです。  日進月歩のITの世界において、開発されたソフトウェアを“氷漬け”や“塩漬け”で長く使い続けたがるのは、もう日本くらいです。グローバルでは、常に最新の技術を活用して、自分たちの生産性を高めようとしています。そもそもセキュリティの点で、サイバー攻撃が高度になり日々新しい脅威が生まれている中、修正もされない全く同じ状態のまま使い続けることほどリスキーなことはありません。  私は、iOSもAndroidも、WaaS(Windows as a Service)となったWindows 10も完成というものはないと認識しています。ITの世界では、これらが完成しない以上、その上で動くアプリも完成という段階を迎えることはできないという風に考えるのが半ば常識ですが、今やっとこの認識に政府が追い付いてきました。  このニュースを聞いたとき、昨年(2020年)からずっと気がかりだったことをあらためて思い出しました。  実は、小中学校へのIT機器の導入政策である「GIGAスクール構想」において、レンタルPCの採用が事実上推奨されていません。レンタルやリースはOKではあるものの、FAQ(PDF)に「リース方式の場合、端末本体に付して保守契約等で高いリース料の設定になっている場合(例えば、自損の無償交換を含む場合や過度な即時対応を求める場合が考えられます)は、他の自治体の状況も調査し、持続性の観点からも慎重な検討が必要です」とあります。はっきりではありませんが、レンタルやリースを避けるように促しています。  一括購入に比べて、お金がかかり続けるということを嫌ったのでしょうか……。そもそも「モノを買って与えたら終わり」という感覚は、本質的にCOCOAの件と似たものが根底にあるように思えてなりません。 ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料) Share…

    Read More »
  • 1,032 doses of COVID-19 vaccine go to waste in Japan due to freezer malfunction

    More than 1,000 shots of coronavirus vaccine went to waste in Japan after storage temperatures deviated from a required range…

    Read More »
  • Tokyo Olympics losing volunteers even after president’s resignation for sexist remarks

    Games are scheduled to start in less than five months. The Olympics are a the world’s greatest competition of physical…

    Read More »
  • Saizeriya manager accused of burglarizing other store

    TOKYO (TR) – A manager of an outlet of chain restaurant Saizeriya has been accused of burglarizing another outlet, police…

    Read More »
Back to top button
Close