Japan

  • Meet the Japanese grandma who manually operates vending machines in the countryside

    A unique place where there really is a person inside the machine.  In Japan, dagashiya are old-school candy stores stocked…

    Read More »
  • 人とテクノロジーの関係性構築がカギに–これからのリーダーが取り組むべき7つの要素

     IT部門と事業部門の間に違いがなくなっている部分があることは、今や常識になっている。これは、今のITリーダーにはビジネスリーダーとしての役割が期待されており、ビジネスリーダーはITリーダーでもなければならないことを意味している。ではこれからの企業の技術的な方向性をリードしていくには、何が必要とされているのだろうか。  AccentureのPaul Daugherty氏とH. James Wilson氏は、近く出版される書籍「Radically Human: How New Technology is Transforming Business and Shaping Our Future」で、人間と機械の融合について徹底的に考察している。同氏らによれば、2020年代のITリーダーは、人とテクノロジーの間の関係性を構築するために、積極的な役割を果たす必要があるという。  同書では、「ビジネスとテクノロジーの融合は、顧客が初めて人間に近い人工知能(AI)エージェントとやりとりした時や、仮想現実(VR)ゴーグルを身に着けた時、あるいやブロックチェーンについて学んだ時に、それが企業の最先端の製品やサービスとリンクされる可能性が極めて高いことを意味している」と述べている。  Daugherty氏とWilson氏は、Accentureが実施した調査の結果に言及している。この調査では、企業役員の80%が、将来のシステムは人間とのシームレスなやりとりを提供するものになると考えており、78%はこれらのシステムが人間の仕事のスタイルに適応するようになると予想していることが分かった。同氏らは「インテリジェントな技術が私たちの日常生活だけでなく職場も広がることから、最大の利益を得るためには、これらのシステムを徹底的に人間的なものに設計することが極めて重要になる」と述べている。  「徹底的に人間的な」システムは、2020年代のビジネスを成功させるための鍵だ。Daugherty氏とWilson氏は、これからのITリーダーが取り組むべき優先事項を挙げている。 徹底的に人間に合わせるためのテクノロジーの導入と適合を進める…

    Read More »
  • Japan’s Pacific coast hit by tsunami after Tonga eruption

    Japan’s Pacific coast was hit early Sunday by a tsunami following a massive underwater volcanic eruption in the South Pacific…

    Read More »
  • English for otaku – New book provides fans with skills to internationalize their oshikatsu

    Because the Japanese school system isn’t going to teach them how to say “The set list is lit!” If you’re…

    Read More »
  • バルミューダ、「BALMUDA Phone」の販売を再開–1月14日から

     バルミューダとソフトバンクは1月13日、1月7日から販売を停止していた5Gスマートフォン「BALMUDA Phone(バルミューダ フォン)」の販売を、1月14日から再開すると発表した。  販売停止処置については、製造委託先である京セラからの報告により、技術基準適合証明の認証について確認すべき事項があることがわかったことが原因。具体的には、一部の周波数帯域で干渉ノイズが許容値を超える可能性があることが判明したという。  今回、ソフトバンク販売モデル(A101BM)、SIMフリーモデル(X01A)の修正ソフトウェアが用意できたことから、配信開始となる1月14日に修正ソフトウェアを適用した上で販売を再開することになった。  更新後のソフトウェアバージョン(ビルド番号)は、ソフトバンク販売モデル(A101BM)が「1.032PO」、SIMフリーモデル(X01A)が「1.032MI」となる。  なお、既に所有するユーザーに対しては、ソフトウェア更新がバックグラウンドで自動的に行われるという(手動更新にも対応)。ダウンロードが完了すると、更新するために再起動を促す通知が表示され、再起動が完了するとソフトウェアが最新の状態になる。  ソフトウェアのサイズは、利用中のソフトウェアバージョンにより異なり、約39~100MBになる。ソフトウェア更新の完了まで、最大20分程度かかる場合があるほか、更新中は、発着信を含む各機能は利用できない。緊急通報(110番、118番、119番)の利用もできないため注意したい。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source News Nation…

    Read More »
  • Japan’s daily COVID-19 cases top 10,000 for first time in four months

    Japan’s daily count of coronavirus cases exceeded 10,000 on Wednesday for the first time in over four months, as a…

    Read More »
  • Study suggests Japanese curry effective at staving off dementia

    A curry a week helps keep the brain at its peak. It’s been known for a while now that the…

    Read More »
  • Novak Djokovic’s lawyers say he tested positive for COVID-19 in mid-December

    Melbourne – Novak Djokovic secured a COVID-19 vaccine exemption from Tennis Australia and the Australian government because he had tested…

    Read More »
  • ノートン製品の暗号通貨採掘機能に懸念の声、日本では未搭載

     NortonLifeLockのセキュリティソフトウェア「ノートン360」に搭載される暗号通貨のマイニング機能「Norton Crypto」をめぐり、米国で懸念の声が起っている。  Norton Cryptoは、2021年6月に米国で提供が発表され、「安全かつ容易に仮想通貨をマイニングできるよう設計されている」という。PCがアイドル状態でイーサリアムをマイニングでき、クラウドベースのユーザー専用ウォレット「Norton Crypto Wallet」に保存される。機能を利用するには、ユーザーがノートン360のダッシュボードから同意(無効化もダッシュボードから設定するとの)し、その上で基準(NVIDIAのグラフィックカードと6GB以上のメモリーを搭載したWindows)を満たしている必要がある。 「Norton Crypto」(出典:ノートンライフロック)  同機能への懸念は、ニュースサイト共同編集者のCory Doctorow氏の1月5日のツイートをきっかけに広がり、セキュリティニュースサイトのKrebs on Securityなどが報じた。「同機能が勝手にインストールされる」といった間違った指摘が飛び交ったり、「暗号通貨を不正にマイニングするマルウェアが横行する中で、セキュリティソフトがこうした機能を提供するくらいなら、防御機能をもっと強化すべきではないか」といった意見が出されたりしている。一方で、「暗号通貨のマイニングでマルウェアのリスクを考えれば、セキュリティトソフトで提供される方が安心ではないか」という評価する声もある。  この他にも、暗号通貨のマイニング自体でPCの電力を消費するため、地球環境の問題が世界的に注目される中ではこの機能を提供する同社の姿勢に疑問の目が向けられたり、マイニングされた暗号通貨の取引コストなどを同社がコントロールするわけではないため、ユーザーに本当に利益があるのかといった声も上がったりしている。  Krebs on Securityは、暗号通貨の経済的な価値の可能性については一定の理解を示しつつ、「暗号通貨に詳しくない数百万ものユーザーを暗号通貨の世界に招くものになる。個々のユーザーがセキュリティやプライバシーに関する意識を高めなければならない」と、暗号通貨のマイニング機能を展開する上ではユーザーへの配慮と慎重さが必要だと指摘した。  なお同社の日本法人によれば、日本市場向け製品にはNorton Crypto機能を搭載しておらず、今後日本で同機能を提供するかどうかは未定とコメントしている。 Share this…

    Read More »
  • Spider-Man: No Way Home Japanese dub voice actor is…our reporter P.K. Sanjun!

    P.K. takes us behind the scenes and into the recording studio as he plays two characters in the latest film.…

    Read More »
Back to top button
Close